ホーム > ヤマニのブログ

ヤマニのブログ

rss

件数:98

 

 この10月・11月は、ご法事のお食事会のご予約が多かったように思います。

 ご法事というのは、もちろん故人を偲ぶ場ではありますが、

 年数の経った年忌法要などの場合は、久々に一同に会されて、

 今の近況を尋ねあったり、報告しあったりする貴重な場であります。

 

 

 何年ぶりかに会われたお孫さん、甥御・姪御さんの姿に、目を細めて喜ばれる方々。

 お互いの健康を喜びあい、お酒を酌み交わされるご親戚同士のお姿。

 そんな心和むご様子をおそばから拝見しておりますと、

 故人もきっとおよろこびになっておられるのだろうなと思います。

 

 

 

今年も七五三の季節がやってまいりました。本日はお詣り帰りの元気なお子様にご来店いただき、とても微笑ましく、嬉しい気持ちにさせて頂きました♪

 

 

ご会食の際には、1,500円から2,000円程度で、お子様のお食事のご注文も承ります。

 

唐揚げ・エビフライ・トンカツなど、お子様のお好きなものがございましたら、事前にお聞かせ頂いてご用意することもできますので、ご予約時にご相談くださいませ。

 

 

 

この度ブランド化され、県内外で注目を集めているのが、“答志島・トロさわら”です。

 

答志島付近で一本釣りされるこの鰆。

 

トロのような味わいで、今までの鰆のイメージが一新されます!

 

鰆という文字から、春が旬だと思いがちですが、

 

実は脂のノッた秋の鰆が一番おいしいのだそう。

 

(脂肪の値もきちんと測定されているそうですよ🐟)

 

 

このトロさわらは、お刺身か炙りがお勧めだそうですが、

 

ヤマニでは「トロさわらのしゃぶしゃぶ」でお客様にお出ししたところ☝

 

とても好評でした♡

 

もちろん焼物にしたトロさわらも、脂が口に広がりとても美味しい仕上がりでした。

 

 

皆様もぜひこの秋の鰆をお召し上がりになってはいかがでしょうか。

 

「答志島トロさわら」についての、詳しいお知らせはコチラです。

 

→ 鳥羽磯部漁業協同組合トロさわらHP

 

 

 

今年の芋名月(中秋の名月)は9月24日。栗名月は10月21日🌕

 

9月は薄曇りの月でしたが、次は美しい月を期待したいものです♡

 

 

〈前菜〉柿白和え・栗渋皮煮・茄子肉味噌がけ・秋刀魚甘露煮・揚銀杏

 

暑かった夏も過ぎ、ようやく秋らしくなってまいりました。

 

お酒も一番美味しいと言われるこの季節。

 

❝ひやおろし❞ ❝秋あがり❞という言葉もよく目に入る時期です。

 

 

「瀧自慢 神の穂 秋上がり」。

 

三重県が新開発した酒米 ❝神の穂❞を使用した純米酒。

 

ふくよかな味がお客様に大好評です。

 

秋の銘酒をお召し上がりに、ヤマニにぜひお越しくださいませ(^^)

 

 

 

今年は異常な猛暑💦 

皆様、大変な日々をお過ごしの事と思います。

 

私どももこの暑さの中、着物を着て仕事をしておりますが、厨房から出来上がってくる涼しげな料理や器を見ると、暑さも和らぎ癒される気が致します✨

 

 

 

 

これが日本料理の良さだとつくづく感じる今年の夏。

 

お部屋にも簾をかけ、お客様に涼を感じていただけるように設えております。

 

夏のヤマニにもぜひご来店下さいませ(^^)

 

 

 

 

いよいよ待ちに待った東海地方の梅雨明け🌞

 

明日からはとっても暑い日々が続くそうです。

 

皆様くれぐれもご自愛くださいませ(^^)

 

 

ヤマニの廊下では、今年も金魚in金魚がお客様をお迎えしております🐠

 

 

今年の梅雨は記録的な早さで、すでに明けたのだと思いこんでおりましたが、ここ東海地方はまだ梅雨明けしていないということを先ほど知りました💦

 

七月前菜

紫陽花扇子日本料理テーブル紫陽花

 

すっかり夏気分になっておりましたが… 思い込みって怖いです(笑)

もう暫くは紫陽花モードでまいりたいと思います(^^)/

 

 

貸し切りでご利用頂く事が多い、1階の和風れすとらん🍴

このたび、一部、仕切壁を取り払う工事を施し、貸切でご利用可能な人数が増えました。

 

1階れすとらん

 

今までは20名様以内でのご利用となっていましたが、1テーブル増えて24名様まで貸切りご利用可となります。

 

早速、先日、大人数でのご法事でのご利用がありました(^^)

ご高齢の方々か参加されるご法事は、階段を登らなくて良い1階でのお席が喜ばれます。

 

また、1階れすとらんはサービス料もかかりませんので、リ-ズナブルにご利用いただけるのも嬉しい点だと思います。

 

ますます皆様のご利用をお待ちしております。

 

 

梅雨入りと共に、鮎の季節も到来♡ 初夏を告げる川魚の王様。

若鮎の塩焼きがお膳に並ぶと、お客様もとてもお喜びになられます。

 

鮎塩焼き

 

鮎は香魚と呼ばれるように、味と共に香りを楽しむものだとも言われます。

目からも舌からも、香りからも!初夏をお楽しみくださいませ♪


ご予約時、幹事様からはよく「飲み放題ありますか?」とお問い合わせ頂きます。


当店では、あいにく飲み放題はやっておりませんが、『あらかじめお一人様あたりのご予算をお伺いし、そのご予算までお飲み物をお出しする』という事はさせていただいております。


ご予算を超える前に幹事様にお知らせし、お飲み物をストップしてお食事をお出しするという流れです。

 

三重の日本酒

 

やはり、大人数になるにつれ、幹事様はご予算の事を気にされるのは当然の事と思います。


幹事様のご心配・ご負担のないように、店としてもさせて頂きたいので、ご予約時に何なりとご相談くださいませ(^^)


日中は暑い日が多くなり、青葉も眩しい初夏の気候になってまいりました🌳

今年は梅雨入りが早い予想だそうですが、それまでのさわやかな時期を大切に過ごしたいものです。

 

春からこの時期、季節を感じさせてくれるのが稚鮎。お客様の中にはこれをとても好まれる方がいらっしゃいます。鮎の香り、苦みが大人の味なのだそうです(^^)

 

 春の桜海老は真蒸に。美しいピンク色は、味と共に目も楽しませてくれます♡

 

 

<前菜>小茄子田楽・サーモン金紙巻・丸十レモン煮・バイ貝・枝豆

<先付>稚鮎南蛮漬け

<吸物>桜海老しんじょう

<お造り>鮪・鯛・甘海老・さざえ

 

 

 

ご宴会のお席の形にはいくつかパターンございまして、お客様にその都度ご希望をお伺いしています。幹事様もこの点についてが一番お気を使われる点のようで、ご質問も多くお受けいたします。当店の場合、お席には以下のような形がございます。

 

 

 

◎ 向かい合わせのテーブルの形

 

こちらが最近では一番人気の形です。(通常のご接待、ご宴会、ご法事、お顔合わせなど)

テーブルにお椅子はお足も楽ですし、お食事もしていただきやすい姿勢ですので、皆様お喜びになられます。

 

 

 

ご法事などでお人数の多い場合などでも、テーブルをつなげてお席をおつくり致します。

 



ご希望がありましたら、低いテーブルで下に座椅子で座って頂く形にもできます。

 

 

  

 

 

 

◎ お膳で正面を作る形

特に正面にお席を設けて、偉い方、お客様、送別・歓迎される方のお席をはっきりさせたい場合はこちらの形をとられる事が多いです。(歓送迎会・お祝いの会など)

 

 

高いお膳に、お椅子で座って頂くパターンと、低いお膳に座椅子で下に座って頂くパターンがございます。




 

 

 

 

 

◎ 散らしテーブルの形

 

会社内、親しいお仲間内でのご宴会にはこのパターンをご希望される場合もあります。
テーブルごとで取り分けて食べる、盛り合わせ料理(唐揚げ・エビフライ、ギョウザなど)も、このお席でしたら可能です。カジュアルで気楽なお席に。

 



お席の事に関して、ご希望・ご質問などありましたら、気軽に何なりとご相談くださいませ♪
少しでも幹事様のお力になれればと思っております。

もうすぐ端午の節句・こどもの日。ヤマニの店内にも毎年この時期、元気男子君たちの置物がお客様達をお迎えしています(^^)

 

そして世はGW真っ最中。皆様良い休日をおすごしくださいませ。

 

 

 

桜も終わり、次は端午の節句がやってきますね。

ヤマニではこの時期はいつも、常連のお客様のお家よりお預かりしている立派な兜を玄関に飾らせて頂いております。 

 

 

 

ご子息の為にご用意された兜だそうですが、ご成人されて飾る機会もなくなったのでと、毎年この時期に持参して飾ってくださいます。

玄関も華やぎ、頼もしくお客様をお迎えしてくれる存在もでき、ヤマニにとっては嬉しい限りです。

 

 

送別会のお席は、今週がピークです。

 

 

 

社内の異動、転勤、退職…色々な送別会のお席がありますが、特に長年勤められた方の定年退職の送別会は、皆様やはり感慨深いものがおありのようで、涙される場面も。

 

それぞれのお客様のお別れのお時間を、良い形で過ごして頂けるように、陰ながら務めさせて頂いております。

春爛漫。初鰹の季節がやってきました。この日はお造りを皮付きで。

 

 

鰹のお造りは、やはり辛子醤油で頂くのが、最高に美味しいと思います♡

 

『初鰹 銭と辛子で 二度涙』

 

昔の江戸っ子のように、縁起の良い初物を真っ先にお召し上がりくださいませ(^^)

会席料理では、“焼き物”と言えば焼魚というのが通例ですが、最近ではこういったグラタン等をお出しする機会も増えています。

 

 

青みには菜花を使ったりして、日本料理の雰囲気も少し残しつつ…な、オマール海老のグラタン(^^) 特に若い方には好評です♡ 

日々、係りの者が作ってお席に置かせていただいている「お品書き」。

机の上に広げて熱心に見てくださるお客様もいらっしゃって、作る側にも作り甲斐があると思います(^^)

 

 

   

3月13日。この日のお品書き。

会席料理 7,000円コース 

 <先 付>  あおやぎ・菜の花・酢味噌和え

 <前 菜>  蛤・空豆・金柑いくら・桜長芋・ほたるいか

 <お造り>  鮪・間八・紋甲イカ・鯛

 <焼 物>  海老グラタン

 <吸 物>  蟹真丈

 <蓋 物>  豚白菜巻き・筍・菜の花・南瓜・茄子

 <揚 物>  白魚かき揚げ・ふきのとう・こごみ・たらの芽 

 <酢の物>  鰹たたき

 <御食事>  赤出汁・御飯

 <水 物>  りんご・苺

 

献立の内容は、料理長が日々季節を考慮して立ててくれています🌸

やっぱり和食っていいな、日本の四季っていいなと、少しでも感じて頂ければ幸いです。

昨日・今日と冷たい大雨や強風に見舞われる冬の天候が続いておりますが、ヤマニの館内にはもうすっかり春がやってきておりますよ🌸

 

 

 

<前菜> 蛤 金柑いくら 空豆 蛍烏賊 長芋

 

<先付> あおやぎ 菜の花 酢味噌和え

 

 



貝の美味しい季節になってまいりました。

天ぷらには、こごみ・ふきのとう等の山菜の姿も(^^) ぜひヤマニに春を感じに来てくださいませ。

 

 

 

歓送迎会の季節となりました🌸

大人数でご宴会できる大広間のご予約は、人気の日に予約が集中しております。

 

 

お早目のご予約をお待ちしております(^^)

 

 

 

今年も早いもので、桃の節句が近づいてまいりました。例年同様、ヤマニの館内ではいろいろな表情のお雛様達がお客様をお待ちしております。

この時期にお客様に人気なのが、ふぐの“ひれ酒”です。

 

炙ったふぐひれに、超熱燗を注ぎ、飲む際に表面に火を点けてお出しします。

 

塩をひとつまみ入れるのが美味しさのコツ。

 

アルコール分が少し飛んでいるので、普通のお酒よりマイルドで飲みやすいです。

 

ヤマニのひれ酒は、ひれが大きくて味がしっかり出ていると、よくお客様が仰います。

 

初めのひれに注ぎ酒をして、二杯目もお楽しみ頂けます。

 

アルコールに火が点く時に、ちょっとワクワクすると言われるお客様もおられます(^^)  

    

   動画はこちら ☟

 

https://www.facebook.com/ryoyteiyamani/videos/1240554246061549/

 

 

寒い寒い今年の冬。ぜひ、ひれ酒でお温まり下さい。

毎年この時期には、七福神の盃をお出ししています。お客様はご自分のお席に伏せられた盃を開け、僕は寿老人だ!私は恵比寿さんだった!とお話がはずんでらっしゃいます。ちょっとしたおみくじ感覚かもしれません。

 

恵比寿さんは大漁豊作、商売繁盛。

 

大黒天は五穀豊穣、家産増進、子孫繁栄。

 

毘沙門天は戦いの神であり、財宝・厄除け・大願成就のご利益もあるとされています。

 

 福禄寿は子孫繁栄、富貴繁栄、健康長寿の神様。

 

女性である弁財天は学問・芸能・金運・財運の神様。

 

布袋さんは千客万来・家運隆盛・家庭円満・商売繁盛の神様。

 

寿老人は長寿延命、諸病平癒、富貴繁栄、子孫繁栄。

 

皆様に、ご自分の盃の神様のご利益がありますように(^^♪

いまだに瀧自慢酒造のお酒は人気で品薄な様子。

入荷してもすぐになくなってしまうのですが、

先日久々に酒屋さんが届けて下さいました🍶

「純米吟醸 備前雄町 瀧自慢」

本日これをお飲みになられたお客様は

「とにかく端麗!切れが良い!」と評されておりました ♡

吟醸酒などのフルーティーなお酒を好まない大人のお客様には、お勧めです。

この前明けたばかりの新年!!ですが、あれよあれよという間に松が明け、もう立春を待つばかり。年々、時間の経つのが目まぐるしくなっているように感じます(笑)

1月はお花や飾りも賑やかで、お料理もお正月らしくめでたいものに。本年も皆さまのご来店をお待ちしております✨
新年あけましておめでとうございます。
本年も昨年同様のお引き立てを、宜しくお願い申し上げます。

大切なご接待に伊勢海老はいかがでしょうか。
特に県外からのお客様は、三重県らしさにお喜びになられます♪


身はお造りで召し上がって頂き、最後に伊勢海老の赤出汁をお出しいたします。
ご予約時にご予算等、ご相談くださいませ。

十五夜、十三夜と過ぎ、季節は晩秋。今月からはお料理にも牡蠣が登場し、早くも冬の足音を感じつつあります。

牡蠣は、この日は南蛮漬けとして。また別のお席では、蒸し物・酢の物として。そしてまた別の日は牡蠣フライとして…。いろいろな形で使われています。

お客様は「牡蠣!もうそんな季節かぁ。一年あっという間だったなぁ。」「今シーズン初めて食べる牡蠣、嬉しいです。」等々(笑) いろいろな事を仰りながら召し上がられ、こちらはその様子を楽しく拝見させて頂いております。

<前菜>牡蠣の南蛮漬け・揚げ銀杏 <先付>柿の白和え
芋名月🌕今年は本当に美しいお月様でしたね。思わず夜空を見上げられた方も多かったのではないでしょうか。それぞれのご家庭では、ススキを飾ったりお団子や里芋を頂いたりして、楽しいお月見をされた事でしょう🌾

日本の四季や文化って素晴らしいですね。歳を重ねる事に実感します。

     料亭・懐石料理店リスト